キャッシュレス事業とは

2018年4月、経済産業省は2025年までにキャッシュレス決済比率を40%まで引き上げる方策として「キャッシュレス・ビジョン」を発表。また、2018年の訪日観光客が初の3000万人を超え、2030年には6000万人と政府が定め「観光立国戦略」を推進していく上でもキャッシュレス化は欠かせません。グローバルナビゲートでは、主に中国QRコード決済の「Alipay」を始め、国内外のペイメントの導入をし、集客につなげます。

取り扱いサービス

  • ALIPAY

    中国を中心に全世界約10億人(2019年1月時点)のユーザー数。また、中国のスマホ決済事業では54%のシェアを占めるスマホ決済サービスです。 決済だけでなく、保険や資産運用などもあり中国人の生活にとってなくてはならないサービスの一つとして認識されております。Discover(出境)と言うサービスを利用することで店舗情報・クーポン等などが「Alipay」アプリ内で掲示でき位置情報等を使った集客ができるのも導入の強みの一つです。

  • WeChat Pay

    中国のみならず全世界で利用されているコミニケーションアプリから生まれたスマホ決済サービス。中国のスマホ決済事業では38%のシェアを占めています。友人間の送金などが可能でコミュニケーションツールを扱いながらお金のやり取りができるということが特徴の一つです。

  • メルペイ

    フリマアプリの「メルカリ」が提供しているスマホ決済サービス。売上金でポイントを購入して、そのポイントでメルカリ内のお買い物や、コンビニなどのメルペイが使えるお店でのお支払いが可能です。

インバウンド事業とは

年々増加する訪日外国人に対応するため、グローバルナビゲートでは、翻訳や多言語ツール・サイトの作成、インフルエンサーの招請等を行っております。また、顧客ニーズに合わせた海外プロモーションも展開し、訪日・在日外国人がより快適に日本での生活を楽しめる環境作りをサポートします。

取り扱いサービス

Eatery JAPAN

「食×観光」に特化した自社サイト【Eatery JAPAN】。単なる食の情報サイトではなく、食と言う切り口から様々な観光コンテンツを紹介し、リピーターの訪日外国人にもまだまだ知られていない日本の「食×観光」情報を海外へ発信することで、更なる来訪意欲へと繋げます。

Eatery JAPANサイトへ
各種お申し込み、ご相談など
お気軽にお問い合わせください。